NPO法人 片品・山と森の学校

NPO法人片品・山と森の学校は、尾瀬と周辺地域のエコツアーガイドを専門とした、人材育成と地域振興を目的に活動する団体です。

TEL 080-5175-4673


(尾瀬サイト・本部)

群馬県片品村鎌田4090


(苗場サイト) 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル3号館

尾瀬の紹介
 尾瀬は日本の29番目の国立公園であるだけでなく、国指定の特別天然記念物であり、ラムサール条約登録湿地としても指定され、その自然環境は何重もの保護対策によって守られています。
 かつてはダム開発や観光道路開発といった大規模な開発計画がありましたが、そのたびに市民活動を中心とした反対運動が起こり、原生自然が現在も保たれています。尾瀬はこうした市民運動によって守られてきた歴史を持つため、「日本の自然保護運動の原点」と称されています。

 私たちが楽しくトレッキングする尾瀬がどのようにして守られ、またどんな場所なのかをエコツアーを通じて感じてもらえれば幸いです。

尾瀬の見どころ

帝釈山(たいしゃくさん、ていしゃくさん)

日本二百名山。標高2,060m。
山開き:「オサバグサ祭り」と呼ばれるイベント形式で開催。
6月第2土曜日~第4日曜日(2013年シーズンは6月8日~23日)

山頂には大きな標識が置かれているだけで、尾瀬方面の展望もわずかしかない山だが、本州東北部の中央分水界(日本の太平洋と日本海とを分ける境界)の中央にそびえ、鬼怒川・片品川・伊南川の3つの水源が集まる古くからの交通の要衝であった。

帝釈山

帝釈山

会津駒ヶ岳や田代山と同様に、平成19年8月30日の尾瀬国立公園誕生時に尾瀬に新たに加わった山域の一つだが、帝釈山麓にはオサバグサ(ケシ科、またはオサバグサ科)の大群生地があることから、近年多くの登山者が一目見ようと訪れている。

オサバグサ(帝釈山麓)

オサバグサ(帝釈山麓)

 

帝釈山

ニッコウキスゲ(日光黄菅)

科名:ユリ科
花期:7月中旬~下旬
高さ:50~80cm
分布:湿原、川沿いのやや乾いた所で多く見られる。

ミズバショウとともに尾瀬を代表する花。
ニッコウキスゲの開花時間は約1日と非常に短命だが、1つの株には5~10個ほどの花芽をつけ、開花時期に1個ずつ順番に咲かせることから、株全体での開花期は1週間前後となる。

湿原を埋め尽くすニッコウキスゲの黄色の絨毯は尾瀬でも一級品の景色だが、そのお花畑の見頃は上のような理由から10日前後と非常に短い。また、花芽を付ける6月下旬頃は遅霜の影響を受けやすく、近年ではニホンジカによる食害の影響も大きいことから、一面のお花畑を見るためには何度も尾瀬に通う必要があるだろう。

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ群落(尾瀬ヶ原・中田代)

ニッコウキスゲ群落(尾瀬ヶ原・中田代)