NPO法人 片品・山と森の学校

NPO法人片品・山と森の学校は、尾瀬と周辺地域のエコツアーガイドを専門とした、人材育成と地域振興を目的に活動する団体です。

TEL 080-5175-4673


(尾瀬サイト・本部)

群馬県片品村鎌田4090


(苗場サイト) 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル3号館

旬の尾瀬情報 – 2013年6月2日 会津駒ヶ岳(水場より上は雪道)

旬の尾瀬情報 – 2013年6月2日 会津駒ヶ岳(水場より上は雪道)

滝沢登山口から会津駒ヶ岳への登山道ですが、水場から残雪が出始め、ここから駒の小屋や山頂まで全て残雪が残っています。

道のりにはピンクリボンや青いポールが設置されており、これを目安に歩いていただくことになります。

また残雪区間には急峻な地形はありませんが、冷え込んだ早朝などは雪面が締まって滑り易くなりますので、ストックや軽アイゼンをご用意いただいた方が安全です。

20130602会津駒ヶ岳アルファ米納品P100046920130602会津駒ヶ岳アルファ米納品P1000467

登山口から水場までは、ブナの新緑がまぶしいほどです。
今年はブナの花が沢山咲いていて、時折ほろほろと落ちてくるのが分かります。

 

20130602会津駒ヶ岳アルファ米納品P1000471

 

水場から上は残雪区間。
まだスキーで滑っている方も多く見かけました。

20130602会津駒ヶ岳アルファ米納品P1000474

 

8合目付近から見た会津駒ヶ岳(写真右)。ここまで来ればあと一息!
駒の小屋も写真左の小ピーク上に見えてきます。

20130602会津駒ヶ岳アルファ米納品P1000479

 

駒の小屋から大津岐峠や御池方面の道のりは確認していませんが、御池付近までまだまだ残雪が多くあると思います。
こちらの道のりは歩く人も少なく、道形もはっきりしていませんので、不安な方は通行を控えた方がいいかもしれませんね。

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です