NPO法人 片品・山と森の学校

NPO法人片品・山と森の学校は、尾瀬と周辺地域のエコツアーガイドを専門とした、人材育成と地域振興を目的に活動する団体です。

TEL 080-5175-4673


(尾瀬サイト・本部)

群馬県片品村鎌田4090


(苗場サイト) 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル3号館

活動報告

祝・2017シーズン事務所びらき!!

今シーズンは厳しい冬で、山には残雪が多く残っていますが、
4月14日に2017年シーズンの事務所開きを行いました!!
いよいよ尾瀬シーズンが近づいてきましたね~♪

今シーズンもたくさんの登山者に尾瀬の魅力をお伝えできるよう、いろいろなツアーでお待ちしております~~~♪

2017年のNPOガイドたち。今シーズンは総勢34人のガイドが皆様をご案内します~。

 

で、おまけ。
翌15日は冬季閉鎖が解除されたばかりの尾瀬沼にみんなで行ってみました。
詳細はFB尾瀬ページをご覧くださいね。
URL https://www.facebook.com/oze.fanclub/

特別賞受賞の報告をしました

(片品村長(左から2人目)と当NPOの塩田代表(同3人目))

春の嵐明けの快晴パウダーとなった2月22日に、滑りたい衝動を抑えてエコツーリズム大賞特別賞の受賞報告を行うため、地元片品村の千明村長を訪問しました。

人口4500人弱の片品村は文字通り「尾瀬の郷」ですが、尾瀬単独のガイドツアーだけでなく、地域を含めたお客さまに満足いただけるものを提供していきたいと再認識する時間でした。

まだまだチャレンジしたい事が山ほどありますね♪
村長さんにはお忙しい時間を縫ってご対応いただたき、本当にありがとうございました!!

(活動報告)当NPOが第12回エコツーリズム大賞の特別賞を受賞しました

まだ春遠しですが、春を迎えたようなうれしいニュースが飛び込んできましたぁ!!

実は、私たちのNPO法人片品・山と森の学校が、
第12回エコツーリズム大賞の特別賞を受賞しました!!

5人のガイドで始めた尾瀬ガイドツアーが、この4年間で34人のガイド事業者へと急成長し、ツアーだけでなく、安全対策への取り組みや、他業種との連携などが評価されたようです。

これまで当NPOの活動を支えてくださった皆様、本当にありがとうございます!
今後も「尾瀬と周辺地域をプロデュースする」ことをモットーに、尾瀬の楽しさと大切さを伝えるツアーを展開していきたいと思います。

URL http://www.env.go.jp/press/103618.html

(活動報告)なえばネイチャーセンター16-17がオープンします。

こんにちは~♪

すっかり尾瀬シーズンが終了してはやくも1ヶ月が経過しようとしています。
この時期はどうしても更新が滞りますね・・・。

しかし!

片品・山と森の学校では、冬シーズンには苗場スキー場へと拠点を移して、テナント運営を行っています。

「なえばネイチャーセンター」
という名前のテナントでは、歩くスキーツアーや、スノーシューツアーだけでなく、子ども向けの雪遊び教室を開催するなど、スキー場がオープンしている3.5ヶ月間は雪相手のアクティビティを数多く開催しています。

尾瀬とは異なるフィールドではありますが、苗場やお近くにお越しの際には立ち寄ってみてくださいね!!

 

img_2777

↑ キッズ雪遊びアカデミー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑ あるくスキーツアー

p1080819

↑ 親子で探検! 雪の森 (ナイトスノーシューツアー)

(活動報告)山の日イベント「尾瀬ヶ原へ全員集合!」を開催しました

8月11日~12日と、山の日イベント「尾瀬ヶ原へ全員集合!」を開催しました。
このイベントは、今年から国民の祝日となった「山の日」を記念して、クラブツーリズム株式会社、檜枝岐小屋、日本青年歩荷隊、希望食品株式会社、そして私たちNPO法人片品・山と森の学校の協働運営での開催です。

このイベントは通常のガイドツアーとは異なり、さまざまなテーマで班編成されて尾瀬ヶ原を歩くという内容なのですが、そのテーマだけでも、

・とことん植物観察
・星空観賞会
・夜のアニマルウォッチング
・写真撮影講座
・山で役立つミニ講座
・山小屋主が語るよもやま話
・早朝山ヨガ
・幻想の早朝ハイキング
・歩荷さんと歩く尾瀬
・アウトドアクッキング

と様々です。
いや実は同時並行でいくつか別のツアーも開催されていのですが、私も把握できていませんでした・・・。

さて、2日間の写真を紹介~♪

まずは8月11日から。
実はこの日、ゆっくりと午後から入山したのですが、それが良かったのか、気温も涼しく、そして誰もいない!!
あ、写真に写っているグループは同じイベント参加者ですよ。

この独り占め感はすべての参加者が喜んでいました。

IMG_2641

夜の私の担当はアニマルウォッチング。
担当していたので写真は撮れず・・・でしたが、夜の湿原で耳をすますと、ムササビ、ニホンジカ、フクロウ、そしてなんと子どものツキノワグマの声を聴くことができました。
そうそう、流星群が近づいているという事もあって、動物ウォッチングをしながら特大の流れ星を見ることができました。

DSCF4189

で、いっきに早朝の山ヨガ。
特別にヘリポートをお借りして、尾瀬ヶ原が一望できる最高のロケーションで気持ちよくヨガを行うことができました。
それにしても朝日が差し込んで、だんだんと霧が晴れてくる中でのヨガって、なんて贅沢なんでしょうね~♪

DSCF4221

私の次の担当はアウトドアクッキング。
え!? 料理得意かって??
山ヤの自分はもちろん得意なんですが、ここはスペシャリストに登場いただき、しっかりレクチャーいただきました。
今回のスペシャル講師は、群馬県内でアルファ米を製造・販売されている、希望食品株式会社の営業部長・黛勇気さんです!!

実はアルファ米はお湯を入れて15分で美味しくいただけるごはんなのですが、そこに黛さんならではの各種トッピングで贅沢ごはんに早変わりするという講座。
これには参加者だけでなく、私たちガイドもおお~~という感じ。

DSCF4224

この講座に参加いただいたお客さまで、それぞれトッピングを楽しまれていました。
ランチタイムの写真がありませんが、どれも力作で美味しそうでしたよ~。

DSCF4229

という事で、鳩待峠で全テーマ別のグループが集合。
2日連続の大快晴のなか、第一回の尾瀬山の日イベント「尾瀬ヶ原に全員集合!」が無事に終了となりました。
ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました~~!!

また来年も尾瀬でお会いしましょう。

(活動報告)ハルザキヤマガラシ駆除作業を行いました

今日はお昼までのガイドだったので、そのまま鳩待峠~戸倉のハルザキヤマガラシ駆除作業を行いました。

みなさんはハルザキヤマガラシってご存知ですか?

パッと見は「ひ弱な菜の花」という感じですが、ヨーロッパ原産の要注意外来生物に指定されているよそ者です。
大好きな場所は日当たりが良く、水っぽく、涼しいところ、というズバリ尾瀬の湿原のような環境で、1株が伝播する種は10万個と非常に繁殖力の高い植物です。

実はこの植物が鳩待峠まで上り詰めてきており、非常に危険な状態なのですが、尾瀬の麓ではこの植物が大繁殖していてギリギリ防除している現状です。

キレイだからと言って、そのままにしないようにお願いしたいです!!

 

(活動報告)一ノ倉沢エコハイキング体験

来週には本格的なガイドシーズンに突入します。
が、ちょっと空いた日ができたので、尾瀬のおとなり谷川岳のツアーに参加させてもらいました。
とはいえ、今回は登山ではなく、ロープウェイ山麓駅から一ノ倉沢出合までを歩く「一ノ倉沢エコハイキング」と呼ばれる軽めのトレッキングツアーです。

講師は谷川岳エコツーリズム推進協議会自然環境部会長の阿部利夫さんです。

豊富な知識と実体験に裏付けられた話。
そして伝える工夫と、私たちも興味をそそられる話題ばかり。
気が付けば平均コースタイム2時間のところを6時間かけて歩いたという、熱心さぶりがうかがえる1日となりました♪

クラブツーリズム名古屋さんより講演依頼

シーズン直前の4月17・18日と、クラブツーリズム名古屋さんからのご依頼で尾瀬の出張講演に行ってきました。

17日は一般のお客さま向けの講演を2回に分けて開催。どちらもたくさんの方にお集まりいただき、尾瀬の魅力的な景色、貴重さ、安全な利用方法などを話させていただきました。
お客さまからのご質問で多かったのは、装備・服装、今シーズンの雪の少なさによる開花期のズレ、尾瀬の山小屋のようす、などなど盛りだくさんで、お集まりいただいた皆様の熱心さに圧倒されてしまいました。

18日は今シーズンの尾瀬ツアーを添乗される予定のみなさまに、尾瀬の豆知識や安全への配慮について説明させていただきました。私たちガイドとともにお客さまを安全に楽しく引率するためにも、できるだけ実際に沿った形で説明させていただきました。

いや~、どちらも時間が足りませんね!

今回はお客さま、スタッフと対象が様々でしたので、こちらも非常にやりがいのある2日間でした。
またシーズン中にみなさまとお会いできることを楽しみにしています!!

尾瀬ガイド協会群馬支部総会に出席&講演しました

総会が2日連続しましたが、4月13日は私たち尾瀬認定ガイドが所属する、尾瀬ガイド協会群馬支部の総会が開催され、そちらに出席しました。他ガイド事業者のみなさんも一堂に会するこの日ですが、100人を超えるガイドが一つの部屋に押し込まれると、かなりの壮観ですね!
まずは総会に先立って役員改選、27年度事業報告、27年度事業計画などが議題となり、群馬支部の今後の研修会予定などが話されました。

 

総会は午前中で終了し、午後はそのまま研修会となりました。
今回の講師は私たちNPO副代表の安類と、尾瀬の自然案内人の藤堂光樹さんでした。
研修テーマは「尾瀬ガイド技術交流会」。
多くの経験豊富なガイドが集まっているので、シチュエーション別にどんな事に気を付けているかをみんなで出し合い、シェアするという進行でした。私たちガイドはそれぞれが創意工夫でガイド活動を行っていますが、案外、隣のガイドがどんな事をやっているかまでは見る機会がないので、お互いを知る良い機会になり、自分が気づかなかったテクニックがたくさん出されていました。