NPO法人 片品・山と森の学校

NPO法人片品・山と森の学校は、尾瀬と周辺地域のエコツアーガイドを専門とした、人材育成と地域振興を目的に活動する団体です。

TEL 080-5175-4673


(尾瀬サイト・本部)

群馬県片品村鎌田4090


(苗場サイト) 新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 苗場プリンスホテル3号館

危険

旬の尾瀬情報 「見晴新道通行止めのお知らせ」

檜枝岐村さんから燧ヶ岳の登山道について、大切なお知らせが届きました。

「燧ヶ岳見晴新道は、平成25年台風18号の影響により登山道が流失しているため、平成26年9月まで(予定)通行止めとなります。10月以降につきましては、お問い合わせください。(檜枝岐村企画観光課 TEL0241-75-2503)」

見晴新道は、尾瀬ヶ原の見晴と燧ヶ岳の柴安嵓を結ぶ登山道で、尾瀬ヶ原側から燧ヶ岳に登山する唯一のルートなだけに、今シーズンの登山計画に大きく影響しそうなニュースです。みなさまも登山計画を立てる際にはご注意ください。

参考までに、昨年9月にこの区間の登山道流失のようすをお伝えした際の記事を貼っておきます。
URL http://katashina.info/?p=1901

旬の尾瀬情報 – 2013年9月23日(燧ヶ岳・見晴新道通行注意!)

※2014年シーズンに入り、下記区間が9月ごろまで通行止めとなりました。詳しくはコチラ

見晴と燧ヶ岳(柴安嵓)を結ぶ見晴新道ですが、9/15に通過した台風18号の影響で大崩落を起こしており、通行注意となっています(通行は可能です)。

20130921~23ガイド(燧ヶ岳・至仏山)01

 

上の写真のように登山道上に大量の土砂が流れ込んでいます。
このため浮石が大量に発生しており、特に下りでの利用時には時間が余計にかかります。

20130921~23ガイド(燧ヶ岳・至仏山)05

 

土砂崩れを起こした規模があまりにも大きく、全体を把握することはできませんが、登山道の中間地点辺りで、距離1.5kmくらいが上の写真のような状況です。
見晴の山小屋の方々が懸命に補修作業を行ってくれていますが、周りの土が不安定なので、特に大雨の日には通行しない方がいいと思います。

20130921~23ガイド(燧ヶ岳・至仏山)04

見晴新道のコースタイムですが、地図上の時間に1.3~1.5倍した所要時間を見込む必要があります(パーティメンバーによってはもっとかも)。
今後も通行される方は山小屋のみなさんに問い合わせてからの入山をオススメします。